Widget Importer & Exporter、ウイジェットの設定を他のサイトにコピーできるプラグイン

スポンサーリンク

以前に作ったWPサイトと、似たような構造のWPサイトを新たに作ることはよくあることです。ウイジェットの設定などは面倒なものなのです。
Widget Importer & Exporterプラグインを使用すれば、効率的にサイト構築が出来ます。

使い方

ウイジェットをエキスポートするサイトで、プラグインを有効化し[ツール][Widget Importer & Exporter]からエキスポートし、ファイルをローカルに保存します。
インポートするサイトでも同様に、プラグインを有効化し[ツール][Widget Importer & Exporter]から、ファイルをエキスポートするだけです。カンタンですね。

実際にエキスポートしてみると

テーマのバージョンが異なっていたりすると、インポートできない部分があったりするようですね。
スクリーンショット(2016-05-11 17.17.02)

Imported:無事にインポートできた部分
Widget already exists :既にウイジェットが存在しており、追加インポートはしなかった部分
Sidebar does not exist in theme (using Inactive) :設定等により、そのウイジェット領域が存在せず、インポートできなかった

それと、インポートするサイトに既に置いてあるウイジェットは残したままで、新規でウイジェットが追加される形になるようです。

エキスポート/インポートするサイトで、揃えておくべきもの

・インポートするサイトでは、ウイジェットは全部消しておく
・テーマを同じものとしておく
・テーマのバージョンを揃えておく

まとめ

ウイジェット内のテキストもコピーできます。例えばアフィリエイトのhtmlタグも全部コピーしてくれるので、時間短縮に役立ちますね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする