WPサイトを、別アドレスへと移転するとき

スポンサーリンク

サーバの容量不足や能力不足など、移転に迫られることは意外と多いものです。基本的な進め方をまとめておきます。

Google webマスターツールで、アドレス変更を通知する

これをやる事で、旧サイトから新サイトへ移行したことがGoogleにも伝わり、アクセスの減少が最小限に抑えられます。

やり方としては、

旧サイト/新サイトともに「Google webマスターツール」へ登録。

「アドレス変更」で、以下の設定

・リストから新しいサイトを選択する
・301 リダイレクトが正常に動作していることを確認する
・アドレス変更のリクエストを送信する
といった流れです。

301リダイレクトがカンタンにできるプラグイン「Simple 301 Redirects」

リダイレクト(旧サイトへのアクセスを、新サイトへ飛ばす)の設定は、やや難易度の高い作業ですが、「Simple 301 Redirects」を使う事で比較的簡単に処理できます。

プラグインの有効化後、[設定]の[301 Redirects]を選択。

トップページのリダイレクトだけなら、以下の通りです。
新サイトのアドレスがhttp://www/atarasiisaito.net/の場合、

左のRequestに「/」(相対パスで指定)

右のDestinationに「http://www/atarasiisaito.net/」(絶対パスで指定)

と入れるだけ。

これで、旧サイトのトップページへのアクセスが、新サイトのトップページへとリダイレクトされます。

ワイルドカード

ページの全てを記入するのは、骨が折れますよね。
その場合は、ワイルドカードを使用すると便利です。

まずは「Use Wildcards?」のチェックをオンにします。

例として

Requestに「/*」

Destinationに「http://www/atarasiisaito.net/*」

とすると、ルートから同一の相対パスのページには、自動的にリダイレクトされます。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする