Tweet old postで「有害なサイト」に認定されたときの対処法

スポンサーリンク

Tweet old postは、過去の投稿をランダムでtweetしてくれる便利なプラグインです。

ただ、このリンクがtwitter上で「有害なサイト」に認定されてしまうことが、結構良くありますw。
リンクをクリックすると、下記のような表示になってしまうわけなんですけど。

あなたが訪問するサイトは、安全ではない可能性があります。
このリンクは、有害の可能性があると警告されています。
有害なサイトが含まれています。
偽装またはフィッシングサイト
悪意のあるソフトをあなたのコンピューターにダウンロードするサイト
個人情報を要求するスパムサイト

ただ、きちんとtwitterにコンタクトを取り、有害サイトじゃないと説明すれば解除されるんですけど、最近はその対処が非常に遅くなったり(窓口が混み合っているのか?w)困ることも多いです。

で、とりあえずの対処法として、Tweet old postの設定で、[URL Shortener Service]のURL短縮サービスを、別のものに変えると、上記の有害サイト認定から外れることがあります。

まあ、こんなもんで認定が外れて良いものかどうかもよく分かりませんがw、それでなくてもtwitterサイドからしたら「誤摩化してる!」と心証を悪くする可能性も無いわけでもないでしょうがw、とりあえず様子見してみます。

できるポケット Twitterをスマートに使いこなす基本&活用ワザ100  [できる100ワザ ツイッター 改訂新版]

スポンサーリンク

シェアする

フォローする