iOS6、Safariでフォントが明朝体になってしまう問題の解決法

スポンサーリンク

「使えない地図」で物議を醸しているiOS6ですが、Safariで表示フォントが明朝になってしまったという問題も起きております。

今までは標準フォントとして『ゴシック体』が使われて来たのですが、iOS6からは『明朝体』に変更されてしまったことで、CSS等で厳密に指定されていないwebページは明朝による表示になってしまった、ということのようです。

英語であれば明朝でもそれなりに読めるのでしょうが、和文表記ではとても読みずらいものとなり、なぜこのような変更をしたのか全く理解できません。

近いうちにAPPLEは、本文フォントを元のゴシックに戻しそうな気もしますが、とりあえず現状の表示が我慢ならないので、対応策を模索してみました。


・Wordpressブログの場合
CSSファイルの中の、フォント基本設定の部分を修正

元)
body { color: #444444; text-align: center;font-family:”ヒラギノ角ゴ Pro W3″,”Hiragino Kaku Gothic Pro”,Osaka,”MS Pゴシック”,”MS PGothic”; }

修正後)

body { color: #444444; text-align: center;font-family:”ヒラギノ角ゴ Pro W3″,”Hiragino Kaku Gothic Pro”,Osaka,”MS Pゴシック”,”MS PGothic”, sans-serif; }


一般的なフォント指定だけだと、iOS内のフォントに合致するものが無く明朝になってしまったようで。そこで最後に「sans-serif」をプラスすることでiOS内のゴシックフォントで表示することを指定しました。

Black design
http://www.blackdesign.jp/
http://www.blackdesign.jp/blog/

スポンサーリンク

シェアする

フォローする